電子書籍『彩りレシピ』をkindle出版しました。

design

購入リンク ⇒ 彩りレシピ

 

本日平成27年(2015年)12月10日、わたくしの初の電子書籍の著書『彩りレシピ』がAmazonより配信されました。

今回の書籍出版に関わって頂きました皆様には心より感謝しております。

この旨、アメーバブログの方にも綴っております。(リンクはこちら⇒『彩りレシピ』 アメーバブログ記事

今回の電子書籍出版のお声かけは、今年の6月頃にアメーバブログを通してして頂いたものでした。

その時に声かけしてくれた彼の気持ちを思うと、一度も会ったこともない、しかも、信用できるかできないかもわからない私にメッセージを送るのは不安でいっぱいだったと思います。

でも、「電子書籍を出版しませんか?」と声かけをしてくれた彼のことを、私は何故か「この人は誠実な人だと思う・・・」と自分自身の第六感で感じ取ることが出来たのです。

なんとなく、すっとつながって「いいですよ。」とメッセージを入れました。

そんなことから、おそらく私より10歳くらい年下であろうと思われる彼との出版作業が始まったのです。

はじめは、「三人で会ってお打ち合わせを・・・」という話だったのですが、彼は東京、私は名古屋という距離・・・

その為、SNSを通してお話をしたり、説明をしてもらうことになりました。

しかしながら、私の『ITおんち』は周知の事実であり、彼もさすがに「おいおい、このオバサン、大丈夫かよ!?」と思ったことと思います。(笑)

ネット上のことがよくわからない私は、なかなか彼と直接連絡を取ることが出来なかったのです。

やっと直接お互いに声を聞きながら話をすることが出来ました。

30分くらいだったでしょうか、彼は1~10まで電子書籍出版の心得を説明してくれました。

まずは、ブログ内のレシピの選定をしたり、どんな年齢層やどんな人たちをターゲットにして書籍を作るかを自分なりに考えました。

今の時代は、昔のように丁寧なお料理のレシピ本は売れない時代です。

ですから、「簡単おいしい」というものだけに絞っていきました。

私は料理ブログをやっていますが、ただ毎日の自分の家の食卓の延長線上でレシピを書いているので、内容は本当にアットランダム・・・和洋折衷のおかずに加えて、ケーキ作り等、何でもありの料理ブログです。

その中のいらないものを切り捨てる作業は私にとって苦労が要りました。

どれも全てがお伝えしたいレシピだったからです。

しかし、書籍というのは、その中でも目的に沿ったものをピックアップしてまとめるという作業・・・

私が一番苦しかったのは、その部分でした。

結果的に「洋風」「彩り良く見えるメニュー」「初心者でも出来る」等のキーワードで取捨選択していきました。

彼は、わからないことは全て誠実に答えてくれましたし、メールを入れてもきちんと解答を返してくれました。

1~2カ月という期間のふれあいであれば、きっとここまでの情はわかなかったと思うのですが、何せ6月から12月までの半年間を会ったこともない同志でやりとりをしていたので、なんだか、このままずっとやり取りが続くような気がしてしまうのです。

ここ数日、実際の出版作業をしてもらい、Amazonのkindleラインに無事に載せるまで、私にメリットになるであろう情報や知識をシェアしてくれました。

なんだか、シンデレラのお話のように、今日の夜中の12時に魔法が切れて、全てが嘘のように消えてしまうのではないかしら?と思ったりするのですが、明日はちゃんとAmazonにあるのかしら?(笑)

でも、どうやら、そんな彼のおかげで今回のkindle出版は夢ではなさそうです。

今、電子書籍の世界では、彼のような若手のプロデュ―サーや編集者さんが頑張って盛り上げようとしているようです。

私は彼らの頑張りを陰ながら見ているだけなのですが、きっと彼らは次世代のカリスマになっていくのではないかな?と思っています。

バブルの時代を知らない彼らの方が、きっと真面目で一生懸命で、日本の未来を担うにふさわしい人間性を持っているのではないかと思っています。

私は、今回の電子書籍出版で出会った若い彼らをこれからも応援してあげたいと思っています。

当ブログにおいては、こんなことを綴り、皆さんにお伝えしたかったのです。

 

 

by
コメント0
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*