『日本食』について考える 『一汁三菜』の理想と現実

12291120_529280360575363_6624140510990791201_o

画像のレシピはこちらをクリック! ⇒ アスパラガスの白和え

 

先日発売された料理雑誌にレシピを掲載して頂くことになった。

(関連記事はこちらをクリック ⇒ レシピブログmagazine vol.8 冬号

その料理雑誌を見ると今の若い人たちの料理や味に対する思考がわかる。

それを見て察するに、日本の若い世代の人たちのほとんどは、間違いなく、コッテリ料理が大好きなのである。

考えてみるがいい。

あっさりした料理店の前に行列が出来ることは滅多にない。

豚骨ラーメンやとんかつ、うな重、濃厚なクリームパスタなどの為に、皆、行列を作って並ぶのだ。

先だっての11月24日は、『和食の日』であった。

11(いい)2(ほん)4(ょく)という語呂合わせから来ているらしい。

そして、五穀豊穣の秋、実りの秋、ということでこの日に制定されたということだ。

平成25年12月ユネスコの無形文化財に登録された『和食』は、日本の伝統的な食文化である。

和食の4つの特徴は、

  1. 多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重
  2. 健康的な食生活を支える栄養バランス
  3. 自然の美しさや季節の移ろいの表現
  4. 正月などの年中行事と密接な関わり

となっている。

主に、『一汁三菜』を基本にした和食のスタイルは、栄養のバランスの取れた理想的な食事のスタイルだ。

この本来の和食スタイルを見直し、健康的な食生活を心掛けていきましょうという日本人への問いかけともなったユネスコ無形文化財登録であった。

『一汁三菜』とは、主食である「ごはん」、「味噌汁」などの汁物、「ほうれん草のおひたし」など菜ものを中心としたの副々菜、「ひじきの煮物」などの野菜を中心とした副菜、「肉や焼き魚」などのたんぱく源である主菜という組み合わせの和食スタイルのことである。

要するに、ごはんに『一汁三菜』を補足するこということだ。

しかし、この日本の宝のような一汁三菜という考え方が本当に現代の日本人、特に若い世代に浸透しているのか?と言えば、「甚だ疑問である」と言わざるを得ない。

ママさんたちがよく作る食事の代表例は「カレーライス」であるし、若い女性はといえば「作れるものはパスタだけ」という人たちが多いのが実情である。

日本人ですら、「いったい、どこまでが日本食なのか?」わかっちゃいない。

実は、ユネスコの無形文化財登録の本来の意味は、『危機に瀕している文化を保護すること』にあるらしい。

・・ということは、大事なものであるはずの日本食が、今、消え失せようとしているという危機に瀕しているということなのだ。

日本から伝統的な食文化が消えつつあるという警鐘を鳴らされているのである。

四季折々に年中行事と結びつきのある日本食という伝統文化を若い世代の人たちに伝えていくにはどうしたらよいのか?

久々にこのブログに向かって、このトピックについてまとめ記事を書きながら料理家として熟考してみようと思った。

 

 

 

 

by
コメント0

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*