蒲郡クラシックホテル JR蒲郡駅からのアクセス&ホテルのフロント


12189952_521342454702487_1940574092998559516_n蒲郡クラシックホテルに宿泊しました。(※旧蒲郡プリンスホテル)
平成27年(2015年)10月31日のハロウィンデー。

12122748_521343778035688_2431865401440457942_n

名古屋駅からJR線新快速豊橋行きに乗って約45分ほどです。途中の駅では止まらないため、一番後ろ側の車両に1つだけトイレが付いていました。ちなみに停車駅は、名古屋ー金山ー大府ー刈谷ー三河安城ー安城ー岡崎ー蒲郡となり、そのまま乗って行くと豊橋に向かいます。蒲郡駅でちゃんと降りて下さいね。(笑)出口は南口です。そして、もちろん、蒲郡駅は名鉄線も通っております。

豊橋から蒲郡に向かう場合は、JR新快速に乗って次の駅が蒲郡ということになります。東京からお越しの際は新幹線こだま豊橋で下車し、JR新快速名古屋行きに乗って1つ目の駅である蒲郡駅で下車します。

お車でのアクセスは、東名高速道路『音羽蒲郡IC』から11kmで、平常時なら約15分だそうです。

11209527_521343811369018_1099511119419564952_n

蒲郡の駅前には、上写真のような大きな船が飾られていて(きっと、これに帆を付けるのかな?)、その向こうにある大きな道路を渡るとアピタ(大型スーパー)があります。

ホテルは車で5分ほどの所なので、蒲郡駅に到着したら、南口から直接ホテルに電話するとよっぽどの理由がないかぎり、送迎車で迎えに来てくれると思います。「まっすぐ行って、左に曲がって、右に曲がる」って感じですぐに下写真の看板にたどり着きます。

12190881_521344131368986_3131765260930792101_n

この看板を左に入って行くと、小高い山の上まで坂を上っていきます。バンケットの会場はこの看板裏すぐの所にありますが、ホテルのフロントはここからちょいと登っていくことになります。

12189952_521342454702487_1940574092998559516_n

ホテルの入口に到着。

12065666_521611611342238_9120908547268559803_n

違う角度でも見てみましょう。

12193682_521344178035648_3647873863912854719_n

そのドア付近に下写真のような『 平成19年度 経済産業省『近代化産業遺産』』という看板が貼ってあります。古い建物を有効利用したホテルなのです。

また、平成18年(2006)には、ドラマ『華麗なる一族』のロケにも使用されました。

12195983_521347701368629_2706275663858314289_n

上写真が階段から撮ったホテルの入口です。こちらの写真左側の方向にホテルのフロントがあります。

12193861_521344164702316_5054745219809463313_n

中に入ると2階までの吹き抜けの空間が印象的です。

12190873_521344111368988_8575619893172884390_n

古い木のぬくもりを感じます。

12115626_521344068035659_2692591558473071031_n

フロントの前のラウンジです。ノスタルジーたっぷりの空間です。後ろを向くとにフロントがあります。

客室数は、27室。

チェックインは15:00、チェックアウトは12:00とゆったりとした時間を過ごせます。

サービスも不快感を感じることは一切なく、少人数のお客様を丁寧にもてなしてくださるホテルです。

この後の記事に「ホテルの室内の様子」や「ホテルから眺める竹島橋」「竹島橋レポート」「竹島水族館レポート」等を書いていきますね。今しばらくお待ちくださいませ。

11026331_521344091368990_8127265913220753333_n

 

 

 

 

 

by
コメント0

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*