Vistors2000に感謝です

12022336_518873268282739_7737953511046127684_o画像のレシピはこちらをクリック! ⇒ ブロッコリーとベーコンのミルクリゾット

 

当ブログにつきましては、毎日更新をしていないにも関わらず、本当にたくさんの皆様にご訪問を頂きまして誠にありがとうございます。

WordPressでこのHPブログをオープンさせて2カ月ほどで『Vistors2000』という数字を頂けたことは本当にうれしく、私にとって忘れることのできない思い出となることでしょう。

実を申しますと、アメーバブログにおきましても、料理レシピを投稿している今より、エッセイなどの文章を書いていた時の方がより多くの皆様からのアクセスを頂いておりました。

アメーバでブログを続けてきた2年間を振り返ると「市場が何を求めているのか?」ということがアクセスというデータから認識・理解できるようになるんですよね。

私は私のブログを訪問して下さる方々の為だけにブログを運営しています。

ですから、これからも皆様のライフスタイルに必要な情報だけを書き続けたいと思います。

ご訪問して下さる皆様と直接的にお会いしている訳ではありませんけれども、私は自分の心の目で皆様の存在を感じているし、そしてまた、ちょっと軽く一緒にお酒でも飲みながら世間話をしている感覚でこのブログを通して皆様とお話をしているような気持ちでブログを書いています。

もし、ブログがなかったら、私の経験してきたことというのは、私だけの知識にしかなりませんが、ブログを通してその情報をシェアすることで皆様と共有できるというのはある意味、「私が生きた意味がある」ということとイコール(=)なのです。

よく、おばあちゃんやおじいちゃんが自分の遠い昔話をしたがるのは、「自分が生きた意味」を感じたいからなのかもしれないですよね。

文字を書き続けることは小さい頃から好きでした。

とくに深く考えることなく、日記帳に延々と文章を書いてた日々を今でも思い返すことができます。

でも、あの時、あの年齢で感じたことを誰かにシェアしていたら、きっと知らない誰かが共感してくれたのかもしれないな・・・と思うと、もったいない時間だったなと思ったりします。(笑)

親や学校に対する反抗や、恋愛感情、友達関係の悩み・・・

とりとめもないことをたくさん書いていました。

そう・・・私にとって、『書いていた時間』というのは『思考の時間』でした。

でも、書く内容を縛られるのは大っ嫌いです。

「~~について書きなさい。」と言われると途端に書きたくなくなる・・・

自由に好きなことだけを書き続けたいと思ってしまいます。

『アクセスを取るために書く文章』も嫌いです。

『ランキングなどの票を取りたい一心の投稿』も嫌いです。

私はただ本当のことを知りたい、本当のことを書きたいだけなのです。

SNS等で「書く場所」はたくさんありますが、私は「誰にも支配されない場所」を選びました。

それが「自分でブログ運営をすること」でした。

誰からも書く内容を支配されない、そして、誰からも立ち入られない場所で自由に書きたいのです。

そして、ネットにおいて、「書く内容を限定される場所」は自分から切り離しました。

それが正しい選択だったと思っています。

私は独立した人間でありたい。

そんな思想のもと、これからも好きなことを書き続けたいと思っています。

そのことが皆様の人生の一助になりましたら幸いです。

 

 

 

by
コメント0

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*