『ものくろキャンプ』に参加 このメンバー、ホント熱いわ・・・

12065988_517604138409652_8772003151897812551_n

昨日は、旦那のお古のパソコンを持参して『ものくろキャンプ』に参加してきました。(セミナー開催日:平成27年10月17日)

『ものくろキャンプ』及び今日集まったメンバーとの出会いは、本当にひょんなことがきっかけだった。

立花岳志さんのブログセミナーから始まって、あれよ、あれよ、という間に私はものくろさんをはじめ、このメンバーに引っ張ってもらってきた。

もちろん、このホームぺ―ジブログは、このメンバーなくしては存在しなかったはずだ。

そのことには心から感謝している。

さて、今回のものくろキャンプのセミナーの内容は『3時間かかっていたブログエントリー作成が1時間で継続できる情報発信の実践方法』である。

私はアメーバでも2年間ブログの毎日更新を続けてきたので、WordPressでこのホームページブログを作った今でも、ほぼ自分の投稿スタイルというのは一定しているし、さほど時間もかからない。

だが、私のブログはこの通り、いつもエッセイ形式といったスタイルであり、特に小技等は使えないのが欠点・・・

「そんな部分を少しでも補えないか?」と思い、今回のセミナーに仲間たちと参加したのだった。

とにかく、このメンバーのリーダーであるK氏は、おだやかな人格を持ちながら本当にハートが熱い!

彼なくして、今回のものくろキャンプセミナーは実現しなかったのだ。

いつも助けてくれたK氏をはじめ、このメンバーには心から「ありがとう」と言いたい気持ち・・・

さて、今回のものくろキャンプに参加して自分なりに考えたことを書いていこうと思う。

個人が自身のブログを持ち、情報発信をすることが当たり前の現代、文章を書くということから逃れられないのが現実だ。

中には文章力に自信がなく、文字を書くことに恐怖心さえ覚える者もいるだろう。

私はいつも文章は『下準備なしの即興』で書いている為、情報発信というのとはちょっと違うのだ。

今回のセミナーで皆が文章構築するのにきちんと下準備をしていることを知って、私のいつもの即興スタイルに少し反省をすることになった。

・・というよりも、天下のプラス思考である私は、こう思ったのである・・・

即興でここまで迷いなくツラツラと文章が書けるのだから、下準備をすればもっと良い文章が書けるのではないか?

そんなうぬぼれた気持ちになってしまったのだ。

私は、未来志向のため、自分の書いた文章はほとんど振り返ることがない。

もともと反省は大っ嫌いだし、1つの文章を書き終えたらそれで完結・・・次の文章を気持ちよく書き始めてしまう・・・

ん? それって性格の問題か!??(笑)

そう、こんな風に特に深く考えて入り込まなくてもよくて、ものくろキャンプに顔を出していると、自分が普段考えなかったようなことを思いついたりするのだ。

現に、当日、私はものくろキャンプに向かうまでの道のりの中で3つのおもしろそうなブログ記事をパッとひらめいてしまったのだった。

スランプに陥った時、動いてみることが必要である。

ものくろさんは、休憩時間にも雑談に応じてくれて、セミナー内容以外のこともちょっと教えてくれるし、それがまたメンバーみんなのためになったり・・・

だから、個人レッスンも良いのだけど、上写真のようなものくろキャンプのグループレッスンもぜひお薦めしたいと思っている。

ものくろさんにも人生の苦しい時期があって、それを乗り越えて、今のようなセミナーを開催するようになったそうだ。

「自分の人生を変えたい!」そんな思いでブログを書き続けたらしい。

ブログって本当に個人の人生劇場であるし、だからこそ、読み手はおもしろいものなのかもしれない。

今日集まったメンバーもそれぞれの職業、人格、個性に見合ったブログ運営をしている。

そして、何より、みんな努力家だ。

先日、ものくろさんのFBのフィードでこんな内容が流れてきて、私はその内容に共感したものだった。

「悩むほど文字を書いたのかな?」「20万文字(?)くらい書いてから悩んで下さい。」といった内容だった気がする。

私もその通りだと思う。

「書いてから悩め!」「行動してから悩め!」なのである。

ものくろさんの長所は「理詰めにしないこと」だと私は思う。

理論ばかり長く語る指導者は最低だ。

でも、ものくろさんは、「理屈は後でいいから、とにかく何でも書いてみて下さい」といったスタイル。

その辺は、多くのセミナー受講者が安心できる部分だと思う。

そんなものくろスタイルとこの熱いメンバーたちに、私はしばらく飲み込まれてみようと思っている。

このホームページも時とともに成長していくであろう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

by
コメント0
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*