じゃがいもの芽は食べちゃダメ!という話

s_009 (3)

画像のレシピはこちらをクリック! ⇒ 厚切りフライドポテト

 

先月くらいから私の料理レシピを掲載しているアメーバブログの方でじゃがいもレシピを連続して投稿したのですが、その人気たるや、すごいものがありました。

皆さん、本当にじゃがいも料理がお好きですよね。

私たちの食生活にかかせないじゃがいもなんですが、ちょっとした注意事項があるんです。

今日は、そのことを皆さんに知って頂きたいと思って記事を書きますね。

ヨーロッパでは主食なみに食べられているじゃがいもですが、その主な成分はでんぷんです。

意外と低カロリーなのも魅力の食品。(※揚げ物調理以外の場合。)

近年の研究においては、アルツハイマー型のボケを防ぐ効果も期待されているそうです。

じゃがいもはビタミンCも豊富で、加熱による損失も少ないのが特徴。

それは、大量のでんぷんによってビタミンCが守られるからだと言われています。

じゃがいものビタミン類は、皮の部分に多く含まれている為、洗って皮つきのままスチームして、後から皮をむくとビタミンの損失を抑えることができます。

また、カリウムが多いことも見逃せません。

カリウムは、体内の塩分を排出する働きがあり、高血圧を予防することに役立ちます。

しかしながら、じゃがいもの『芽』の部分には、ソラニンという有毒物質があるのです。

有毒物質であるソラニンは、加熱しても毒性が分解されたり、消失することはないそうです。

ですから、加熱調理をする場合でも必ず取り除きましょう。

そのことに十分留意して、購入する段階でじゃがいもの皮の表面をよくチェックするようにして下さいね。

そして、購入した後もじゃがいもの芽が出ないような保存法をしておくことが大切になります。

陽の光に当たると芽が出てしまうので、風通しの良い日陰の冷暗所に置き、通気性を良くしておきます。

低温に弱いため、冷蔵庫での保存には向かない食品。

りんごを2個くらい一緒に入れておくとエチレンガスの作用でじゃがいもの芽が出るのを抑えることが出来るそうです。

このような点に気を付ければ、いつでも安心してじゃがいも料理が楽しめますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

by
コメント1
CATEGORY :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ray ban clubmaster cheap

    Hey very interesting blog!

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*