トマトの効率的な栄養摂取方法と豆知識

s_083

画像のレシピはこちらをクリック! ⇒ 丸ごとトマトのゼリー

 

西洋のことわざに「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあります。

トマトは栄養に満ちた優れた野菜であり、B‐カロテンが豊富です。

また、トマト1個で一日に必要なビタミンCの約半分が摂取でき、美容にもお薦めの緑黄色野菜。

トマトの赤色の色素は、リコピンというカロテノイド系色素で、免疫力の強化に有効であると言われています。

また、胃液の分泌を促すことで知られるクエン酸も豊富なんです。

食べ方という話をすると、生でも、煮込んでも、また、加工食品でもOK。

通常、ビタミンCは熱で破壊されやすいと言われていますが、トマトに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。

ですから、トマトをふんだんに使用するイタリア料理は栄養面でも優れた調理法であるケースがほとんどです。

血栓を防ぐ効果のある玉ねぎと合わせると動脈硬化を予防する効果があるようです。

トマトは多くの加工食品でも知られています。

トマトの水煮缶、トマトケチャップ、トマトジュース缶等、数えあげたらきりがないですよね。

これらの食品は、収穫後すぐに加工されるため、生のトマトと栄養価はほとんど変わらないのです。

特に、トマトピューレやケチャップは、少量で簡単にリコピンを摂取できます。

ゆえに、生のトマトの値段が高い時期などは、トマトの水煮缶などの加工食品を使用すると経済的です。

ただ、注意すべきことは、トマトのようにB‐カロテンが豊富な食品は、妊娠中は多食を避けて下さい。

母子手帳にも記載されていたかと思いますが、妊娠中にビタミンAを大量に摂取し過ぎると妊娠・出産に異常をきたす可能性が高くなってしまうという指摘があるからです。

そこだけは注意して下さいね。

トマトに豊富に含まれるリコピンについてですが、「完熟するほど増える」「抗酸化作用はB‐カロテンの2倍」「動脈硬化を防ぐ」「がんを予防する」などの効果があると言われています。

リコピンは、油に溶ける性質があるので、油を加えて調理するとさらに吸収されやすくなるそうです。

したがって、イタリアンに代表される『トマト&エクストラバージンオイル』の組み合わせは最強なのです。

また、体内の余分なナトリウム(塩分)を排出してくれる効果のあるカリウムについては、トマトよりミニトマトに多く含まれているため、高血圧ぎみの方は食事中にミニトマトを摂取するように心がけましょう。

他に気を付けるべき点は、トマトには身体の熱を冷ます作用があるため、冷え症の方の生食での多食は控えて下さいね。

冷え症の方には加熱調理がお薦めです。

中でもミネストローネは、お野菜と大豆を使ったトマトベースのヘルシーなスープですから冷え症の方にはピッタリですよね。

レシピはこちらをクリック! ⇒ ミネストローネ

毎日の食卓でなじみのあるトマトに対する知識は、おそらく、これだけあれば充分です。

 

by
コメント0
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*