WordPressで「まさか!?」の設定ミス!大混乱の私を救ってくれた『ものくろキャンプ』

s_021

画像のレシピはこちらをクリック! ⇒ 冬瓜とキムチのスープ

 

どうして、この投稿記事に『冬瓜とキムチのスープ』の画像を貼ったかと云いますと、まさに「この日!」だったからなんです。

私は、アメーバブログで料理レシピブロガーをやっておりますが、このレシピを投稿した日に「まさか!?」のWordPressの設定ミスをやらかしてしまったんですよね。

設定ミス&トラブルで大混乱を起こしていた私を救ってくれたのが『ものくろキャンプ』

 

ものくろさんのブログ&サイトはこちらをクリック! ⇒ ものくろぼっくす

 

そうなんです。こうして私のホームページを無事に公開することが出来たのは、まさに『ものくろキャンプ』のおかげなのです。

今日は、その『ものくろキャンプ』についてのお話をしたいと思います。

ものくろさんのことは随分前からSNSを通して知っていたのですが、初めてリアルでお目にかかったのは、昨年の秋のことだったと思います。

その当時は、「親指シフトのものくろさん」って名前だけは知っていたけど、実際はどんなお仕事をしている方なのかは全然わからないといった状態でした。

あの当時から1年近く時が経ち、あちらこちらでものくろさんの名前を聞くようになりましたが、私にはまったく詳細のわからない話ばかり・・・。

そう!『冬瓜とキムチのスープ』のレシピ投稿をしたあの日まで、まさか自分が『ものくろキャンプ』のお世話になるとは夢にも思っていなかったのです・・・。

先日、立花岳志さんのブログセミナーに参加して、その参加メンバーの中で「WordPressでブログを始めよう」というグループが出来ました。

「興味がない訳ではないけど、ためになる話だけでも聞いておこう」そんな気持ちで参加しましたが、そのグループが立ちあがった途端にメンバーが早々続々とWordPressでブログを立ち上げてしまい、ITおんちの私はひとり立ち遅れてしまいました。

「ブログはアメーバで充分」と思っていたこともあって、WordPressでのブログ作成に、多少、抵抗があったんです。

それでも、私の回らない頭で考えついたことは、「ブログは2本もいらないから、アメーバとは別サイトで自分のホームページを作ろう!」ということでした。

そう思った瞬間から私も行動を始めたのですが、やっぱり・・・IT、ITワード、IT機器・・・全部、苦手で・・・。

そんなある日、「WordPressでブログを始めよう会」のメンバーの一人が「近日中にみんなで会って、進捗状況を確認し合いましょう」という声かけをしてくれたんです。

全くやる気の起きない私は、「それはありがたい!」と思い、参加ボタンをすぐさまクリックしました。

そんな中、SNS上でものくろさんが紹介してくれたWordPressに関する書籍を嫌々でも読み始めました。

嫌・・嫌・・嫌・・が「WordPressでブログを始めよう会」の『進捗状況を確認しよう会』の前日の夕方まで続きました。

「明日だな~・・・ヤバいぞ~・・・全然、設定終わってない・・・(汗)」

そして、いよいよ前日の夜になってWordPressの設定をし始めたのです。

「あれ!?本の通りに進めれば、案外スムーズに出来るじゃん!?」

メンバー同志で集まる日が明日だということもあって、急いで「テーマの設定」及び「外観作成」の部分まで仕上げることができました。

それでも夜中の2時までかかって、気分はまるで試験日前日一夜漬けの学生状態・・・。

そのおかげで『WordPressの進捗状況を確認しよう会』のメンバーとも和気藹々と時間を過ごすことができました。

「私にも出来た!WordPressの設定が自分ひとりでも出来た!!」そんな達成感で満ち溢れていたのです・・・。

その翌日、事件は起こりました。

ちょっとした設定ミスを手直しして、そのミスが直ったと思ったら・・・「サイドバー」がおかしいことに気が付きました。

「さっきまで表示されていたのに・・・き・・き・・消えてる・・・!?」

私はSNSを通して、「どうしたら良いのでしょうか?誰か教えて下さい・・」と疑問を投げかけました。

グループのみんなが心配してくれて「ものくろさんに聞いた方が早いのでは?」というアドバイスをもらいました。

この時、初めて、ものくろさんに相談することになったのです。

その日は、ものくろさんは、午後を通してSNS関連の講習を開いていて、夜にメールを頂けることになりました。

夜9時。その時間はやってきました。

『ものくろキャンプ』によるSNSのトラブル解決や講習は、基本的には対面指導で行われるそうですが、距離的な問題もあって、その日は特別にお電話で対応してくれることになったんです。

スマホの機能もろくろくわかっていない私・・・。

スマホで電話をつなぐことすら、ひと苦労で、それだけで何分かかったことか・・・(汗)

それでも電話がやっとつながりました。

さあ、ここからが『ものくろキャンプ』のスタートです。

やっとつながった電話口で「もしもし、ものくろさんですか?」と切り出すと、独特な関西弁が聞こえてきて、なんだか、何処かの温泉宿に到着したような気持ちになりました。

1年ほど前に、一度リアルでお会いしていたこともあって、私の方もそれほど緊張することもなくお話を進めることが出来たのです。

ものくろさんとの話の中でも「例えば、この『冬瓜とキムチのスープ』のレシピを書く時は~・・・」なんて話が飛び出していたのも私がこのブログの一番上に『冬瓜とキムチのスープ』画像を載せた理由でもあります。(笑)

今回、私が相談したWordPressのトラブルは、サイト上から「サイドバーが消えてしまったこと」と「サイトマップが消えてしまったこと」でした。

WordPressの「テーマ」については、当初は書籍の通りに「BizVektor」をダウンロードしましたが、ものくろさんお薦めのテーマに変更しました。

その途端、自分が設定したホームページのサイトのスタイルが一変してスタイリッシュになりました。

カラー(サイトの色)については、私が当初作成していたイメージをものくろさんが察して踏襲してくれて、何度もデモンストレーションで違う色に変更したりして遠く離れた電話口にいる私にサイトのイメージを表現して伝えてくれました。

ものくろさんの何がスゴイか?って、電話で談笑しながら、WordPressの設定直して、その工程の記録を残して・・・って、まるでやっていることが千手観音みたいなんですよね。(笑)

私は今回、個別レッスンという形でご相談したのですが、やはり、マンツーマンの指導ですと自分がわからないと思ったことを即座に「ストップ」をかけて再確認出来ることがメリット。ITおんちの私には絶対に必須の条件なんです。

ものくろさんとの電話口から聞こえてくるのは、「カチャカチャカチャ」というキーボードを叩く音。

「ふ~む、これが『親指シフト』の音なのかぁ~?」と思いながら耳を澄ましていた私です。(笑)

ものくろさんの個別レッスンの効用は、WordPressでのブログやホームページのフォーマットの作成がスムーズ且つスピーディーに出来たことが最大のメリットですが、その他、ITリテラシーといったSNS関連の知識を同時に得られことが本当に自分のためになりましたし、そのことがWordPressでのブログの方向性をしっかり熟慮出来たきっかけになりました。

個別レッスンのリラックスした雰囲気だと、ものくろさんと雑談しながら進めていけるので、リラックスできますし、その雑談の中からものくろさんが気が付いたことを指摘・アドバイスをして下さるので実務と知識を両方得れるといった一挙両得の価値があったと思っています。

今回の受講がきっかけでブログの方向性を再検討しなけらばならない状態になりましたが、おかげさまで、私がSNSの方向性としてかねてから心に決めている『地域格差の是正』という問題に貢献出来そうなアイディアが浮かんだきっかけになったのです。

当初は自分ひとりで設定していましたが、設定トラブルが起きたことがきっかけで、こうしてものくろさんにお世話になり、あっという間に記事を新規作成すればよいだけの状態になってしまいました。超ビックリ!!

・・・ということで、WordPressの設定については、わからないなら、わかる人に相談するのが一番です。

私の場合は、特別に電話で対応して頂きましたが、ものくろキャンプ』の講習は、基本的にはご自身のノートパソコン持参、もしくは、依頼者ご自身のご自宅での対面式だそうです。

自分だけだと不安も多いですが、相談出来る人がいるってうれしいことですよね。

ものくろさんに相談したおかげで、自分の方向性のミスに気が付かせてもらって、良いスタートを切れました。

このホームページが無事にオープン出来たのは、ものくろさんのおかげです。そして、「WordPressでブログを始めよう会」のメンバーのおかげでした。それに加えて、こんな出会いのきっかけを与えてくれた立花岳志さんのおかげでもあります。

そんな皆様に感謝しながら、このホームページをスタートさせることが出来たことを本当に心からうれしく思っています。

助けてくれてありがとう!!『ものくろキャンプ』!!!

ものくろさん、その節は大変お世話になりました。心から感謝です。

 

ものくろさんのブログ&サイトはこちらをクリック! ⇒ ものくろぼっくす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

by
コメント0
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*